箱にものを入れる男性

需要があるサービス

作業員

家族がずっと同じところに住み続けるという時代は過ぎ、今人は移動しながら家族も別々に住むということは普通のことになっている。
少子化や高齢化によって、身寄りが無い高齢者が増えているのも現状である。
このため、今まで家族の中で行われていたことも民間業者に任せることが検討される世の中になっている。
かえってこうした業者が増え、お金を払えば任せられるということは、亡くなった周囲の人にとってはとても助かることといえる。
家族といっても遠くに住んでいて仕事もある場合、一ヶ月以上休むことはどうしても難しいということもある。
家族を亡くした心労で、遺品整理に手を付けることができない人もいる。
そうした場合でも、丁寧な民間業者の力を借りることで綺麗に思い出を整理できるとなれば助かる。

遺品整理業者は映画の題材にもなっており、近年日本の社会でも浸透しつつある。
今では遺品整理士の認定制度もあり、全国各地で遺品整理士になるための講座が行われている。
このため、理念や法規制を徹底するという教育もしっかりしてきているのである。
中には焚き上げなどの供養をしてくれる業者もあるので、処分というよりは整理し、次のステップに進むために道筋を整えてくれるという性質も持ち合わせている。
粗大ごみや産業廃棄物の処分についてもその地域ごとの知識を持ちあわせていなければならないため、整理業者にはしっかりとした資格が必要である。
こうした資格を持っている業者であれば、大切な品物の整理を任せられる。

写真ギャラリー

難しい処分の場

廃屋

高齢化社会を迎えている日本では、今孤立死する人が増えている。死後何日か経過して発見される場合は片付けも困難なため、プロの遺品整理業者に任せた方が良いケースがある。

整理する前にすること

リサイクルマーク

形見分けというものがあるが、これは遺族が行なう遺品整理である。業者が入る前に故人の思い出が残るものを親族に分けることになる。親しくしていた度合いによって形見分けの品物を選ばなければならない。

資格を持った業者

リサイクルマーク

遺品整理業者の数は増加しているので、電話で予約を取れば出張してくれる。業者には一般貨物自動車運送事業の資格が必要なので、確認してから予約し、見積もりを取ってもらう。